オススメリンク
アーカイブ
高層ビル

パンフレットの企画
会社案内などを目的としたパンフレット印刷では、数多くの企業への納入実績のある印刷業者やパンフレット制作業者に依頼することが重要です。
特にページ数や予算に合わせて、いろいろなパンフレットの印刷プランを用意している会社を選ぶのが理想的です。
そして予算に合わせて見積もりを依頼するのが出発点であり、低予算であればページ数が少ない、テンプレート方式の作成プランを選ぶべきです。
またグレードの高いパンフレットを希望する場合には、カメラマンやライターを活用するべきです。

会社案内の制作実例
会社案内の制作実例には、目的に合わせていろいろなタイプがあり、配布する対象に合わせて制作するのが一般的です。
特に社員募集を目的とする場合には、働きやすさや将来性を重視して編集しているケースが多いのです。
また上場企業の場合には、投資家をターゲットにしているケースが多いので、業績などを重視した編集方針が中心です。
またデザイン性に優れたパンフレットを作ることで、企業イメージの向上に成功している企業も多いのです。

パソコンを見る男女

会社案内に必要なのは
会社案内に必要とされるのは、その会社を知ってもらうための資料です。
ですので会社の何を知ってもらうのかによって、必要な資料も変わってきます。
その会社の簡単な説明程度でしたら、パンフレット型の簡易カタログが最適です。
しかし、その会社の詳しい内容や取り扱う商品等の説明などといった場合には、製本された目録型のカタログが最適になります。
このようにしてその用途や目的によって使い分けると、受け取り手にも何を伝えたいのかが分かりやすくなります。

印刷物の種類
企業の広報活動や広告宣伝では、印刷物のような媒体がとても重要です。
そして印刷物を発注するときには、低コストで質の高い仕上がりの業者に発注することがポイントです。
また目的別に最適な印刷物を選ぶ必要があり、特に会社案内のような印刷物であれば、20ページ程度のパンフレットの形態が理想的です。
また自社製品やサービスの紹介を目的とする場合には、詳細な説明ができるページ数が必要なので、カタログタイプが理想的です。

建築現場の女性

パンフレットというのは、会社や商品の案内や説明、広告といったものが掲載された小冊子のことです。
ただここで1つのポイントになるのが、「製本されているか」「製本されていないか」です。
パンフレットの場合は製本がされていずに、ブックカバーの無い状態のものを指すのです。
つまり、仮とじされた状態の小冊子ということです。
仮とじというのは、簡易的に綴じられたものという意味です。
大きさには特に決まりはなく、様々な種類のものが存在します。

カタログとは
カタログとは商品や作品、会社などの目録、または説明書や案内書のことです。
「この商品はどんな物か」といったような事が掲載されているものと考えて良いでしょう。
パンフレットがその形状を指すのに対して、カタログはその中身を指すという違いがあります。
近年では同一語のように使用される事も多いですが、厳密にはこうした違いがあるのです。
ただし仮とじではなく製本されている目録の場合には、カタログという呼称を使うのが正解です。

カテゴリー
カレンダー
2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031